子宮筋腫は自覚症状が少ない病気で、90%以上の人は無症状と言われています。
子宮ガン検診時や妊婦健診時にたまたま見つかることが多いです。
30歳以上で20〜30%、40歳以上で40%の女性に筋腫があるといわれています。
お産の経験のない女性に多く、閉経後には少なくなります。

症状別に対処します

症状があまりみられない

経過観察

半年に一回程度の健診で経過観察

症状が出てきた

服薬治療

薬や注射による治療で症状を軽減する

症状がひどくなってきた

膣式手術

お腹を切らずに膣から全て操作する手術です。 お腹に傷もなく、
術後の回復が早く、本人の負担も軽くなります。

腹式手術

膣式手術が難しい時は お腹をあけて操作します。

手術方法

開腹手術・膣式手術・腹腔鏡手術・子宮鏡下手術・UAEなど
※筋腫の場所や大きさによって手術方法が決められます。

手術後の生活

子宮を全摘しても太ることはありません。

ただ、体力回復のために食べ過ぎたり、体調が良くなって食べ過ぎて、太ることがあります。

子宮を全摘しても更年期症状は起きません。

女性ホルモンを分泌する卵巣が残るので更年期症状が起きることはありません。
ただ、年齢的に更年期にはいることがあります。生理がなくなるので、
更年期に入ったとわかりにくいので、手術のせいと思ってしまうようです。

肉体的には性生活に支障はありません。

ただし、心理的なものが影響することがあります。

子宮をとっても女性でなくなるわけではありません。妊娠の心配がなくなり、 生理のわずらわしさから解放されるという様に前向きに考えましょう。

術後の性交痛について

  • 挿入時の痛みは手術とは関係ありません。年齢が更年期に入っている場合は、
    膣のうるおいの低下、外陰部の炎症が影響していることがあります。
  • 突き上げられる時に痛みがあるときは、手術と関係があることがあります。
    医師と相談してください。

パートナーに手術についてよく理解してもらいましょう。

生理痛の予防 / 生理痛がひどい時には…

冷やさないことが最重要です。冷えてしまった時には、半身浴または足湯で身体の芯から温めます。

院長

院長よりひとこと

子宮筋腫は多くの女性にみつかる病気の一つです。症状や筋腫の大きさによって対処の方法がかわります。辛い貧血や多い出血に悩まずに、一度診察を受けましょう。また、生理痛がひどくて生活に支障がでる位なのに、我慢している女性が多いのも現実です。確かに内診は抵抗がありますが、薬などで痛みから解放されるのですから、是非一度、診察を受けられることをお勧めします。