胎児や母体の安全を再優先するために、お腹を切って赤ちゃんを出す帝王切開が必要になることもあります。安産を目指して、規則正しい生活をしたり体重管理したりと努力している妊婦さんにとって、帝王切開になるというのはショックなことかもしれません。しかし、8人に1人は帝王切開による出産であるということも覚えておきましょう。

以下のケースでは手術日をあらかじめ決めて
帝王切開での出産となります。

逆子(骨盤位)の場合

逆子(骨盤位)の場合

28週以降逆子を治す体操をしていただきます。又、外回転術(お腹の外から赤ちゃんの位置を治す方法)を行うこともあります。それでも治らない場合、帝王切開となります。ただし、お母さんの希望、母体・あかちゃんの状態等の条件によっては経膣分娩も可能です。

前回が帝王切開の方

前回が帝王切開の方

帝王切開による分娩となります。ただし、お母さんの希望、母体・あかちゃんの状態等の条件によっては経膣分娩も可能です。

双子の場合

双子の場合

胎児の位置が安定していれば(第1子が頭位)経膣分娩も可能です。

骨盤の小さい方

骨盤の小さい方

母体の体格と比べて胎児が大きく無理があると思われる場合、レントゲン撮影や診察のうえ、はじめから帝王切開による出産となることがあります。

以下のケースでは緊急帝王切開または高次医療機関への搬送となります。

  • 胎児の心音が不安定になってきた場合
  • 母体に発熱がみられたとき
  • その他医師が緊急と判断した場合
院長

院長よりひとこと

産科・婦人科を診療科目とし、妊婦健診・無痛分娩から、ピル処方・子宮筋腫・子宮内膜症・更年期障害や、人工妊娠中絶などの各種手術まで幅広く対応しておりますので、お気軽にご相談ください。また、当院では、初めてお子さまをお持ちになられた方の為に、母親学級や育児相談・離乳食指導などの各種教室も開催しております。お母様・お子さまの楽しい交流を一緒に楽しみましょう。