【第13回】 年末年始 こんな事に気をつけて…病院編

妊婦さん・乳幼児をもつお母様へ

年末年始、旅行へ行くにしても実家へ帰るにしても、自宅で過ごすにしても

緊急の場合診察してくれる病院を調べておいてください。
特に夜間の救急対応している病院です。

産科医および小児科医不足の今日このごろ、どの病院にも年末年始とくに夜間
医師が必ずいる、というわけではありません。

夜の問い合わせで多いパターンが
  「頭が割れるように痛いんです。大丈夫ですか?」
  「子供がもどしているんですけど、大丈夫ですか?」
  「出血が続いているんですが、大丈夫ですか?」
  「いつからですか?」
  「朝からです。」「昼過ぎからです」

夜中に急に症状がでたのなら仕方ありませんが、明るい時間帯に症状がある場合
様子をみないで、とにかく病院へ行きましょう
どこでも夜になれば、人手が不足気味になります。
それどころか、特に夜間の場合車で30分~1時間走らないと到着できないような
病院にまで行かないといけない場合があります。

特に、夜間小児科医が常駐している病院は驚くほど少ないです。
このことは、常日頃からよ~く頭においておいて下さい。